診療科・診療施設等

HOME 診療科・診療施設等 検査室

検査室

1977年10月に設置された検査室では、臨床検査の多くを行っています。

photo

1977年10月に設置された検査室では、総合検査室(化学、血液、凝固、免疫などの検体検査、輸血検査、外注部門)、細菌検査室、病理検査室、尿検査室、生理機能検査室の5つの検査室で別府病院の臨床検査の多くを行っています。

運営体制

検査室長(診療科長併任)、助教1名(病理医)、臨床検査技師7名の体制で日々の臨床検査を行っています。時間外緊急検査は、専用携帯電話による24時間体制で対応しています。
 

運営方針

“精密、迅速な検査を通して正確な診療に貢献する”を方針として掲げ、検体検査の院内検査実施項目は全て迅速報告を実施し、外来診療の質向上に貢献しています。また、NST(栄養サポートチーム)や糖尿病教室、ICT(感染制御チーム)などの院内活動や委員会にも参加し、重要な役割を果たしています。

業務内容

血液中の酵素、血糖値などを定量する化学検査、赤血球・白血球・血小板などの血球算定や白血球分類をする血液 検査、止血機構を調べる凝固検査、ウイルス感染症、ホルモン、自己抗体などを検査する免疫検査、尿定性や便潜 血を検査する一般検査(以上検体検査)
血液型判定や輸血用製剤の管理を行う輸血検査
細菌などの培養・同定・薬剤感受性検査を行う細菌検査
心電図検査、肺機能検査、超音波検査、FMD検査(血管内皮機能検査)、PSG検査(睡眠時無呼吸精密検査)など を行う生理機能検査
生検や手術によって採取、摘出された組織・臓器を肉眼的にそして顕微鏡レベルで詳細に観察し、病理組織診断を 行う病理組織検査、手術方針の決定に役立てるために手術中に病変の質や広がりをリアルタイムで診断を行う術中 迅速病理組織検査、尿、喀痰、擦過や穿刺吸引(乳腺、甲状腺等)によって得られた細胞で、悪性細胞の有無、炎 症性変化等のスクリーニングと診断を行う細胞診検査(以上病理検査)
 

設備

臨床化学自動分析装置、全自動化学発光酵素免疫測定システム、グリコヘモグロビン分析装置、多項目自動血球分析装置、全自動血液凝固測定装置、汎用血液ガス分析装置、全自動輸血検査装置、全自動血液培養検査装置、全自動微生物検査システム、尿化学分析装置、検体前処理装置、自動染色装置、自動免疫染色装置、クリオスタットミクロトーム、血管内皮機能検査装置、血液脈波検査装置、肺機能検査装置、超音波診断装置 など
 

特色

新しい検査法や診断法の導入にも積極的に取り組み、また各診療科が行う研究活動に対し、必要な検査なども行っています。
九州大学病院の検査部と連携しています。
九州大学病院の医療技術部にも所属しており、他職種の医療技術部員(診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、臨 床工学技士など)と協力して医療の質の向上に努めています。

教育

毎年、臨床検査技師養成学校から学生実習を受け入れて、これからを担う臨床検査技師の育成も行っています。職員も病院内外の勉強会、学会や研修会に参加することにより、能力向上に努めています。
 

外来診療 受付時間

新患
8:30~11:00
再来
8:30~12:00
(予約の方は除く)
※整形外科は地域医療連携室での予約が必要です。
※放射線治療は8:30~11:00
休診日
土・日・祝日・年末年始(急患は除く)
お問い合わせ(代表)
0977-27-1600