病院紹介

HOME 病院紹介 ご挨拶

ご挨拶

病院長挨拶

堀内孝彦

九州大学病院別府病院は、九州大学病院グループを構成する病院の一つとして質の高い医療の提供と世界的な研究成果の発信を行っています。昭和6年にこの地に開設されて以来、当病院にはその時代時代の難病に取り組んできた輝かしい歴史があります。
その歴史は現在にいたるまで脈々と受け継がれており、たとえ診断の困難な病気、治療の難しい病気であっても、私たちはひるむことなく責任感と闘志をもって立ち向かっています。

私どもの病院には3つの特筆すべき特徴があります。

大学病院に必要にふさわしい高度の医療

九州大学病院グループの一員として恥じないハードとソフト両面が充実しています。ハードの面では、大学病院としてふさわしい医療設備の導入と更新を毎年進めています。ソフトの面では、九州大学病院(福岡市)と人的な交流を毎年活発に行うことによって、高い医療技術と士気を保っています。この交流は医師、看護師、技師、薬剤師、事務職員すべての職域におよびます。関節リウマチや膠原病、固形がんや血液疾患、脊椎疾患など高度かつ専門化された医療が必要な患者さんが、大分県だけでなく県外からも紹介されています。放射線治療専門医の数も大分県内で最多であり、放射線治療も充実しています。質の高い放射線治療機器と人材が充実していることから診療科の垣根を超えた切れ目のない治療が可能となっています。

世界的な研究

内科では世界中の製薬会社と活発に共同研究を行っています。その大きな理由は、当病院内科が創製した細胞株が難病に画期的な効果を示すTNF阻害薬の開発に不可欠であるからです。この研究により、当院では関節リウマチ患者さんのTNF阻害薬の治験への参加が可能になりました。

一方、外科でも大腸がん、胃がん、食道がん、肝胆膵がんそして乳がんを対象に、『すべては患者・ご家族のために』を合い言葉に、様々な研究に取り組んでいます。とくに臨床に直結する研究としては、わずかな血液でがん特有の遺伝子をみつけたり、がんを光らせることで手術中の取り残しをなくしたりと、一日も早い実用化が望まれる野心的な研究を精力的に進めています。

温泉・リハビリ療法

政治家の重光葵や冒険家のアンドレ・ジャビーをはじめたくさんの著名人が温泉を利用したリハビリ療法を求めて当病院に入院した歴史をもっています。関節リウマチに加え、現代の難病である慢性疼痛性疾患に温泉を利用したリハビリが有効であることがわかり全国から患者さんが訪れています。最先端の診療はもちろんですが、当病院では温泉・リハビリによるやさしい医療も積極的に提供しています。

患者さんとともに、そしてご家族と一緒に、「患者さんの笑顔を取り戻す」ため、職員一同これからも一層努めてまいります。

2017年3月

外来診療 受付時間

新患
8:30~11:00
再来
8:30~12:00
(予約の方は除く)
※整形外科は地域医療連携室での予約が必要です。
※放射線治療は8:30~11:00
休診日
土・日・祝日・年末年始(急患は除く)
お問い合わせ(代表)
0977-27-1600